基礎栄養学 糖質編 その7 糖質とは何か? 糖質は太陽エネルギーが詰まった元気玉

皆さんは私たちが普段食べている糖質とは、どのようなものかご存知ですか?
糖質はブドウ糖や果糖を始め、いろんな穀物や果物に含まれている基本的な栄養素です。自然界においては植物が光合成という凄技で太陽エネルギーを利用して合成した高カロリー物質です(*光合成という技は植物が持っている太陽光エネルギーを利用し、二酸化炭素と水から、高エネルギー物質である糖質を合成し副次的に酸素を供給するというスーパーテクニックです )
地球上で活動している全ての生物のエネルギーの源は太陽に起因していると言っても過言ではありません。私達、人間は光合成ができませんので直接的または関節的に食物が合成してくれた糖質を生きる糧(エネルギーの素)としています。
ではこれからその大事な糖質が、私達の身体の中にどのように吸収され、実際に使われたりしているのか?ご紹介をして行きましょう!


(まとめ)
・糖質は植物が太陽エネルギーを閉じ込めた元気玉のようなものである
・私達はこの糖質を生命活動の基本的なエネルギー源としている